お中元 お礼状

お礼状を出す意味について

お中元をもらった場合は、相手にお礼状を出すのがマナーです。これは、相手にお礼の気持ちを知らせる意味はもちろん、確実に届いたことを相手に報告する意味があるからです。

送っておいて音沙汰がないと相手も不安になる可能性があり、そのような事態は避けるべきです。一昔前までは封書で送るべきだと考えられていましたが、現在でははがきでお礼状を出すことも一般的になっています。メールでの報告は現代でも失礼な印象を与えかねないです。

お礼状を出すタイミングは?

お礼状を出す最適なタイミングは、もらったらすぐに出すことです。

お中元を頂いたらすぐに感謝の気持ちを伝えることが必要です。そのときには、電話で伝えるという方法もありますが、マナーとしては形に残るお礼状を出すのが正しいことです。


お礼状を出すタイミングを過ぎてしまったら?

大勢の人からお中元が届いて、対応が遅れてしまったということが起こってしまったとしましょう。そのようなとき、タイミングを逃したお礼状を出して良いものかというところが迷うところです。

もちろん、遅れてしまったとしても、何もしないでいる方が失礼なのです。ですので、遅れてしまってもお礼状は必ず出しましょう。そのときには、遅れたことに対して、お詫びの言葉を書いておくことです。あくまでもお詫びの言葉であって、言い訳風の文章にならないように注意しましょう。

お礼状を書く際に気を付けるべきことは何?

まず、お中元を頂いた場合、必ずお礼状という形で、お礼の気持ちを相手に伝えてください。

お礼状は、お中元をもらったらすぐに出す必要があります。でも、お礼状を普段書き慣れていない場合、どんな風に書けばいいか迷う事になりますよね。でも、気をつけるべき点さえ抑えておけば、失敗する事はありません。

お礼状の内容は、他の人に読まれて困るような内容を書かないようにしなくてはなりませんので、内容を注意して書く事は必要です。お礼の気持ちで書いたお礼状が、逆に失礼になってもいけませんので、失礼がないようにくれぐれも気をつけてください。

他にお中元のお礼状で注意すべき点は、連名で相手の宛名を書く時には、様を一つしか書かないのは失礼です。それぞれに様をつけるようにしておきましょう。

お中元 お礼状の例文集


知人・友人へのお礼状(7月)

暑中お見舞い申し上げます。毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。おかげさまで、私たち家族は毎日元気で過ごしております。

先日はお心のこもったお品をいただき、誠にありがとうございました。いつも●●様の細やかなお心づかいには心より感謝申し上げます。

早速家族でおいしく頂きました。特に子供たちは「美味しいね」と喜んでおりました。

まだまだ暑い日が続くようですが、体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごし下さい。

略儀ながら書中をもちましてお礼申し上げます。

ポイント:
知人・友人宛のお礼状なのでかしこまった文面ではなく、柔らかい印象を頂くよう作成しています。
相手の方が贈ってよかったと思われるよう「家族でおいしく頂いた」「子供が喜んだ」など、喜びや感謝の気持ちが伝わるようにするのがポイントです。




親戚同士へのお礼状(7月) 例文1

拝啓

いよいよ暑さも本格的になり、うっとうしい日々が続くと思われますが、皆様はお変わりございませんか。 

さて、この度は何時ものことながら北海道の海鮮品と併せて珍味を送って戴き、誠にありがとうございます。 早速ながら、家族みんなでワイワイとやりながら賞味しているところでございます。

こちらは暑さに負けず家族は皆元気で過ごしております。 小生も今年は喜寿の年を迎えてしまうことになり、何やら複雑な気持ちでありますが、一応は病気もせずに何とか暮らしていますので、先ずはご安心ください。 

暑さ厳しき折、更なる皆様のご自愛をお祈りいたすとともに、取り急ぎ右にお礼を申し上げます。 

敬具

ポイント:
おおむねは、ハガキの礼状になるとお思い増すが、先ずは時候の挨拶から始めます。 ただ、時候の挨拶を省略する場合もありますので、其のときには「前略」から始めましょう。 後は礼状の本題や家族の近況、特別な場合はその人の状況なども添えるのもいいでしょう。 後は、季節と相手側の健康を祈りながら、礼の一言を添えて閉じます。 

書き出しと 終わりは「拝啓と敬具」、又は「前略に草々」ということにしたら無難です。




親戚同士へのお礼状(7月) 例文2

拝啓

暑さ厳しき折●●様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

私共はお陰様で何事もなく元気に過ごしております。

さて、この度はご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。

変わらぬお心くばり、大変恐縮に思います。

いただいた●●、皆で大喜びしております。

暑さはこれからが本番です。

皆様どうぞくれぐれもご自愛下さい。 

敬具

ポイント:
ビジネスではなく親戚などの身内同士であっても礼儀は必要だと思いますのでこのような古来からのしきたりでは礼状についてもある程度は型にはまった形式ばったような文でも許されると思います。今は電話もありますのでそれらで礼状以外に柔らかい形でのお礼の言葉も添えれば良いのではないでしょうか。




親戚同士へのお礼状(8月)

拝啓

暑さは日増しに加わり、ますます太陽の暑さを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

この度はお心のこもったお品を頂き、誠にありがとうございました。

家族一同、嬉しく思っています。

季節は秋を目の前にして、今だ猛暑が続いておりますが、どうぞ御自愛くださいますようにお祈り申し上げています。

敬具

ポイント:
親戚の間でも、滅多に会わない人っているんです。そういう時に、よそよそしすぎるのも失礼になると思いますし、だからといって馴れ馴れしくも出来ない時などには、出来るだけ固すぎない文章を心がけています。もらった相手の方にも負担にならないような書き方が大切だと思います。




息子嫁夫婦から両親・義両親へのお礼状(6月)

毎日雨が続き、アジサイの花の色鮮やかな季節となりました。

皆さまお変わりございませんか。

先日は大変珍しい●●を送っていただき、ありがとうございました。

子供達も大好きですが、なかなか自分たちでは買えない物ですので、大変よろこんでおります。私たちの好みの物を覚えていてくださり、恐縮です。

さっそくみんなで美味しくいただきたいと思います。

これから暑さがきびしくなります。

どうぞお体気をつけてお過ごしください。

まずはお礼まで。

ポイント:
まずは季節のあいさつと、相手の健康を気遣う言葉を書きます。お中元が好みに合っていてもらって嬉しかったこと、その理由などを述べ、お礼を書きます。おじいちゃんやおばあちゃんからの贈り物に孫も喜んでいることを述べて、相手が送って良かったと思うように書くのがポイントです。




息子嫁夫婦から両親・義両親へのお礼状(7月)

梅雨が明け、眩しい夏空に蝉の声が響く季節になりましたが、お元気でしょうか。

私達はおかげさまで元気に過ごしています。

この度は素敵な⚫⚫を頂きまして、丁寧な心遣いをありがとうございました。

これからしばらくは本格的な暑さが続きますので、お父様とお母様もどうぞご自愛ください。

次にお会い出来る日を楽しみにしております。

ポイント:
配偶者の親という近い身内なので、頭語と結語(拝啓・敬具、前略・早々など)は堅苦しすぎる印象を与えるので省略します。義両親のキャラクターや関係によっては、頭語と結語を入れても良いです。

まず冒頭に時候の挨拶を入れます。次に、ものを頂いたことだけではなく、心遣いにも感謝の気持ちを表します。季節にあった結びの挨拶と、相手の健康を気遣う文章で締めくくります。




仲人をした新郎新婦へのお礼状(7月)

拝啓 

本格的な夏の到来の時期になってきましたが、ご夫婦仲良くお過ごしでしょうか。

このたびは、お心のこもったお品をいただきまして、誠にありがとうございます。大変豪華なものを送ってくださったことには、大変恐縮します。

いただいたものは、夫婦で美味しくいただけてます。ありがとうございました。

今年の夏は、去年の夏よりも気温が高くなると聞いてますので、夫婦ともどもお体ご自愛ください。

略式となってしまいまして失礼を申し上げます。書中にてお礼申し上げます。 

敬具

ポイント:
お礼状を書くポイントとしては、送る相手に対して敬うことが大事です。最初から本題に入るのではなく、季節のことを書いてから、本題に入るのがポイントとなります。また相手に対して手紙を送るのですから、拝啓や敬具は付けることを忘れないことが大事です。




違い お中元とお歳暮の違い

違い お中元のマナー

違い お中元の熨斗(のし)

違い お中元のお礼状