お中元 のし

お中元の熨斗紙の水引は何を選ぶが適切?

熨斗(のし)の起源は慶事に贈る酒の肴でアワビを細くの伸ばしたものを使ったことです。水引の結び方には大きく分けて2つあります。

何度あっても嬉しいことには「花結び(蝶結び)」を使い、もう起こってほしくないことには「結び切り」と呼ばれる結び方のものを選ぶようにします。特に結婚式はお目出度いの蝶結びかと思われますが、これには結びきりを使います。

そしてお中元やお歳暮のときの水引の結び方は、何度あっても良いことなので花結びを使います。

自分や相手が喪中の際は?

喪中の時には、花結びの水引きは使用しません。熨斗や水引の付いていない、白い無地の紙や白短冊を使用しjます。百貨店等でお中元・お歳暮を手配する際も、喪中の旨を伝えれば、無地の紙で対応してくれます。

のし紙の名前の書き方で気を付けることは?

日ごろの感謝の気持ちを込めてお中元を贈る際に欠かせない「熨斗」。そんな熨斗への正しい名前の書き方を知っておきましょう。

贈り主の名前は、表書きの真下にあたる部分にフルネームで書くのが一般的です。その際、贈り主が連名の場合は並べて記入します。並び順は右から目上の人を書き、夫婦の場合夫の名前を右側に書きましょう。

ただし並べて書いて良いのは「3名まで」です。3名以上の場合代表者のフルネームを中央に書き、左に小さく「外一同」と記入します。

また会社名を書きたい場合は、名前の右上に小さく添えるように。宛名を書きたい場合は、熨斗紙の左上に表書きより少し小さい字で書くのが一般的です。正しいマナーを心がけて気持ちよい贈り物をしましょう。

のし紙を「掛け紙」でなく、「短冊」でもいいのでしょうか?

のし紙には大別して掛け紙と短冊があります。のし紙は正式には掛け紙と呼ばれ、贈り物の箱に巻いて使用します。対して短冊は、通常ののし紙より小さく贈り物の箱の正面右上に貼りつけて使います。

購入場所によって使用されるのし紙が変わり、また、配送を依頼する際には短冊タイプが使用されるケースが多くなっています。簡易的なのし紙というだけで、掛け紙と意味に違いはありません。ただ見栄えでは劣るので、贈る相手によっては考えた方がいいでしょう。

「外のし」と「内のし」の違いと、お中元時での使い分け方は?

知っているようで意外と知らない人が多いのがお中元の熨斗です。熨斗(のし)は、贈答品に直接かけて上から包装紙で包むことで、「外のし」は包装紙の上からかけることを意味します。しかし、何故「外のし」「内のし」の2種類があるのか不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

のし紙は慶弔事において礼を尽くす姿勢を現すものですが、「内のし」と「外のし」の使い方については、厳密な決まりはありません。但し、渡すタイミングなどに応じて、どちらかがより適切と言う傾向があります。

「内のし」は包装紙の熨斗書きが隠れてしまうため、渡す時に贈答品の目的が分からないため、主に内祝いに使用されます。一方、「外のし」は贈答品を渡す時に、表書きが先様に見えるため、どのような目的で贈ったものかが即座に伝わるなどからも、お中元の時や結婚や出産祝いなどに適切なのです。


違い お中元とお歳暮の違い

違い お中元のマナー

違い お中元の熨斗(のし)

違い お中元のお礼状