お中元 お歳暮 違い

お中元とお歳暮に何か違いはあるのでしょうか?

お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈り物をする風習として、お歳暮とお中元があります。

どちらも似たようなものですが、違いはあるのか、疑問に思っている方もいるでしょう。お中元とお歳暮は、現在ではほとんど同じ目的で贈られているものの、それぞれ当然時期は違いますし、細かな部分にも違いがあります。

1年の真ん中にあたるお中元は上半期の、年の暮れに贈られるお歳暮は1年間の感謝が込められていると言えます。

お中元は元々は、旧暦で7月15日のお盆の時期のことを意味し、先祖の供養というものが含まれていました。先祖を供養し親戚や近所の人に品物を贈る慣習が今にまで続いているわけです。

お歳暮は、新年を迎えるため年末に先祖の霊へお供え物をしていた習慣から生まれたと考えられます。江戸時代からは、12月半ば頃にお世話になった方へ、1年お世話になった御礼と、来年もよろしくお願いします、という意味を込めて贈るようになりました。

その年の締めくくりと今後の親交を願う意味もあるお歳暮の方が、お中元よりも重視される傾向が強い点が特徴として挙げられます。

お中元とお歳暮、両方贈らないと駄目?

お歳暮もお中元も、日頃お世話になっている方にお礼の意味を込めて贈るものです。贈る時期が異なるだけで同じ意味の挨拶です。基本的には、お中元とお歳暮とセットとして贈ることが一般的とは言えます。ただし、絶対に両方贈らないといけないかと言うと、そうではありません。

では、ひとつだけ贈るとしたら、お中元とお歳暮のどちらで贈るべきなのでしょうか?

お中元は年初から中元までのいわゆる上半期のご挨拶、お歳暮は年初から年の暮れまでの1年間のご挨拶です。そのため、片方だけ贈るのなら1年間の締めのご挨拶として贈られるお歳暮を選ぶといいでしょう。

実際に、経済的な理由等で、お歳暮だけ渡すという人も少なくはないようです。気を付けたいのは、お中元だけ贈って、お歳暮は贈らないという、逆のケースは失礼にあたりますので、くれぐれも注意してください。

お中元とお歳暮の予算の違いは?

お中元とお歳暮のお品物の相場価格は、3千円から5千円となります。もし、お中元とお歳暮の両方を贈る場合は、同等金額か、お歳暮の方を若干高めにするのが好ましいでしょう。

ただし、あまり高すぎる品を贈るのは相手にとって負担にもなってしまいますので、注意してください。

どんな品を贈ればいいのでしょうか?

お中元は、夏の暑い時期でもありますので、そうめんやゼリーなどの冷菓、ビール、ジュースなど夏に相応しい食べ物が人気といえます。

ビールはお中元とお歳暮のどちらでも人気ですが、やはりビールは夏にピッタリということもあり、お中元の一番人気はビールセットとなっています。

お歳暮用の商品としては、ハムやローストビーフなどの加工肉、水産品、そば、お鍋に入れられる具材などが人気です。

お中元でもお歳暮でも、どちらにも共通の人気商品は、前述のビール、それに洋菓子、和菓子、コーヒー、果物、それと、季節を選ばないご当地グルメなどが人気があります。


違い お中元とお歳暮の違い

違い お中元のマナー

違い お中元の熨斗(のし)

違い お中元のお礼状